• Facebook
  • Twitter
  • RSS
文字サイズ

鳥羽 良明 (Yoshiaki Toba) 先生



(御写真は準備中です)








・受賞理由/Commendation


大気-海洋間の運動量および物質交換過程の研究における先駆的かつ顕著な貢献、および衛星海上風観測技術確立への貢献による功績により


For outstanding and pioneering contribution to ocean-atmosphere momentum and material exchange processes, and to the development of satellite remote-sensing of ocean surface winds.




・主要論文 / A list of five major papers

1. Toba, Y. (1961): Drop production by bursting of air bubbles on the sea surface Ⅲ. Study by use of a wind flume. Mem. College of Sci., Univ. of Kyoto, A29, 313-344.
2. Toba, Y. (1965): On the giant sea-salt particles in the atmosphere Ⅱ. Theory of the vertical distribution in the 10-m layer over the ocean. Tellus, 17, 365-382.
3. Toba, Y. (1972): Local balance in the air-sea boundary processes Ⅰ. On the growth process of wind waves. J. Oceanogr. Soc. Japan, 28, 109-120.
4. Toba, Y. (1973b): Local balance in the air-sea boundary processes Ⅲ. On the spectrum of wind waves. J. Oceanogr. Soc. Japan, 29, 209-220.
5. Toba, Y. (1988): Similarity laws of the wind wave and the coupling process of the air and water turbulent boundary layers. Fluid Dyn. Res. 2, 263-279.



・主な業績 Major achievements (in Japanese)

風波を契機とする海面の物理過程から大規模な大気海洋相互作用、さらに、その人工衛星による観測に至る一連の分野において独創的な手法で数々の業績を挙げた。
最も著名なものは、それまで単に波動の重ね合わせとして取り扱われていた風波を、波動とシアー流と乱流との結合した非線形性の強い現象として、現象の実態を実験的に解明し、いわゆる「鳥羽の2分の3乗則」や「鳥羽スペクトル」として世界的に知られる風波の相似則を見出し、風波のパラメータ化の基礎を与えたことである。これは関連した種々の面に発展し、例えば気象庁の毎日の波浪予報にも、鳥羽博士が発見した風波の2分の3乗則や、それを基礎に博士が導いた風波の発達方程式が数年間にわたって用いられるなど多大な成果や影響を与えた。



推薦者/Nominator


日比谷 紀之 (Toshiyuki Hibiya)