• Facebook
  • Twitter
  • RSS
文字サイズ

高野淑識(Yoshinori Takano)








・受賞理由/Commendation


生命・非生命の境界を探る分子レベルの地球宇宙化学に関する研究

The study of organic geochemistry and astrochemistry in the boundary of biosphere and pre-biosphere



・主要論文 / A list of five major papers

Takano, Y., Takahashi, J., Kaneko, T., Marumo, K., and Kobayashi, K., Asymmetric synthesis of amino acid precursors in interstellar complex organics by circularly polarized light. Earth and Planetary Science Letters, 254, 106-114, 2007.

Takano, Y., Chikaraishi, Y., Ogawa, O.N., Nomaki, H., Morono, Y., Inagaki, F., Kitazato, H., Hinrichs, K.-U., and Ohkouchi, N., Sedimentary membrane lipids recycled by deep-sea benthic archaea. Nature Geoscience. 3, 858-861, 2010.

Takano, Y., Chikaraishi, Y., Ogawa, O.N., Kitazato, H., and Ohkouchi, N., Compound-specific nitrogen isotope analysis of D-, L-alanine and valine: application of diastereomer separation to delta15N and microbial peptidoglycan studies. Analytical Chemistry, 81, 394-399, 2009.

Kato, S., Takano, Y., Kakegawa, T., Oba, H., Inoue, K., Kobayashi, C., Utsumi, M., Marumo, K., Kobayashi, K., Ito, Y., Ishibashi, J., and Yamagishi, A., Biogeography and biodiversity in sulfide structures of active and inactive vents at deep-sea hydrothermal fields of the Southern Mariana Trough. Applied and Environmental Microbiology, 76, 2968–2979, 2010.

Kaneko, M., Takano, Y., Chikaraishi, Y., Ogawa, N.O., Asakawa, S., Watanabe, K., Shima, S., Krueger, M., Matsushita, M., Kimura, H. and Ohkouchi, N. Quantitative analysis of coenzyme F430 in environmental samples: a new diagnostic tool for methanogenesis and anaerobic methane oxidation. Analytical Chemistry, 86, 3633-3638, 2014.



・主な業績 Major achievements (in Japanese)

高野氏は、新たに開発した有機物分析、同位体分析といった化学的手法を、海洋と宇宙という2つのフィールドに適用し、独創的な生物地球化学的研究に取り組んできた。宇宙化学においては、有機化合物について非生命と生命の本質的差違となる光学活性の起源を実験的に追求し、宇宙における円偏光紫外線照射による光学活性出現機構を実験的に解明した。海洋化学においては、海底熱水系周辺生態系や地下生命圏を主要なターゲットとして多面的な実験的研究を展開してきた。補酵素F430の分析から生命圏の限界が海底面下2.5 kmにあることを解明したことは、生命と非生命との境界を探るという新しい学問領域の創生という基礎科学面からのみならず、メタンハイドレート等を扱う資源科学分野からも注目を集めている。化学分析を武器として、宇宙と海洋にまたがる広大な領域での生物地球化学を牽引する若手研究者として国際的に高く評価されている。



・推薦者/Nominator

山岸明彦 (Akihiko Yamagishi)